野球を知ろう!こんなにも奥深い野球の世界

野球好きのための「メンタル・知識・技術・食」に関する、 "知って得する!"あらゆる情報をお届けしていきます!

野球

広島東洋カープ ついに迎えた黄金期!

投稿日:2018年9月27日 更新日:

みなさまこんにちは!Tadashiです!

12球団のプロ野球チームを紹介しているところですが、今回はその10回目となります。

今回ご紹介するのは、広島県を本拠地している、広島東洋カープ(以下、カープと略す)についてご紹介いたします!

つい昨日、カープはセリーグ3連覇を成し遂げました!!おめでとうございます!

球団としても史上初の偉業で、まさに今黄金期と言っていい状態のカープですが、こちらも苦しい時代がありました。

その点についても、今回はご紹介していきます!

広島東洋カープ

チームの歴史・概要

カープは、広島県にあるMazda zoom-zoomスタジアム を本拠地としています。

以前までは広島市民球場を本拠地としていましたが、老朽化が激しくなったため、2009年より新しくなりました。

チームの特徴としては、「お金がない」というところでしょうか・・・

巨人やソフトバンクとは違って、資金面では苦しい球団です。事実、FA選手を獲得したことはありません。

それどころか、成長してチームの主力になったと思えば、FAで他の球団に移籍される・・・そういう経緯がありました。

そんな状況もあってか、1981年から25年もの間、セリーグ優勝はありませんでした。

先日紹介したDeNAが、現状20年優勝がありませんが、それよりも長い期間苦しんでいました。

しかし2016年、ついにそのチームが生まれ変わりました!

 

苦しい時代を乗り越え、黄金期到来!

長く苦しい期間が続いたカープですが、その期間も着実に選手を育てようと奮闘していました。

お金で選手を獲得するのではなく、ドラフトで獲得した選手を育てることに力を入れ、ついに花が咲きます!

2016年、それまで優勝できなかったチームが、前半戦から首位をキープ!終盤、一時は読売ジャイアンツに追いつかれそうになったこともありましたが、最後は突き放しました。

そして、ついに25年ぶりのセリーグ優勝を達成!!

「四半世紀ぶりの夢」という実況の下で、選手たちは感情を爆発させました。この旋風は広島県内でものすごい事になり、県全体がカープ一色となりました。

「カープ女子」という言葉も創り出され、まさに広島県の野球熱は最高潮に!

瞬く間にチケットが取れない球団へと変貌を遂げ、昨年と今年もセリーグ優勝!3連覇を成し遂げました!

こうやってチームは変わっていくのだなあ・・・と感慨深くなるところが正直な気持ちです笑

 

一方で問題も・・・

強くなったカープではありますが、ファンのマナーなどが指摘され始めています。

まず、チケットの転売問題は深刻です。

定価の3〜4枚程度は当たり前、席種によっては10万円を超える額で売買されるなど、常軌を逸しています。

本来試合を見たいと思う人が買えずに痛い思いをすることは、容認できません。その点に関して、球団側が具体的な対策を講じていないことも疑問です。

また、入ってはいけないエリアのところに入ったり、フェンス直撃か という打球を掴み取りしてホームランにしたり・・・

もう少しマナーの面で改善が見られるといいですね。

 

名選手・これからの選手

今シーズン限りで引退を表明した、新井貴浩選手!

成績はもちろんですが、何と言っても野球ファンに愛された選手です。

広島時代の2005年には、43本塁打を記録して本塁打王を獲得!まさに中軸として活躍。しかし、2007年オフシーズン、FA権を行使して阪神タイガースへの移籍を決断。

その背景には、師弟関係にあった金本知憲選手(現阪神タイガース監督)の存在がありました。

金本選手は2002年オフ、阪神への移籍を決めると、翌年阪神を18年ぶりのリーグ優勝へ導いたのです。

その姿に感化されたのでしょうか。新井選手は、尊敬していた金本知憲選手についていくことを決めたのです。

阪神の選手として迎えた、カープとの対戦。新井選手には大ブーイングが待っていました。

金本選手だけならまだしも、新井選手まで。カープファンからすると、裏切られたという気持ちが強くなったのでしょう。

その後、新井選手は阪神で思った結果を残せず、2015年に再度広島へ移籍。本人の予想とは裏腹に、温かく迎え入れられた新井選手。

今年がラストイヤーになりますが、まだ果たせていない日本一へ向けて、最後まで突き進みます!!

忘れられない名試合

何と言っても、25年ぶりにセリーグ優勝を決めた試合でしょう!

 

 

2016年9月10日 広島東洋カープ VS 読売ジャイアンツ @東京ドーム

 

マジックを1として迎えた試合。25年ぶりの優勝目前とあって、東京ドームにはカープファンが多数駆けつけました。

試合は読売が先制しましたが、「逆転のカープ」と言われ続けた底力で、中盤に逆転に成功!

その後点を取り合って、6-4で迎えた9回裏。この回を抑えたら優勝が決まります。マウンドには抑えの中崎翔太選手。

守護神として、1年間抜群の成績を残しました。

2アウトとなりランナーは1塁。ホームランを打たれれば同点となってしまう場面。読売のバッターは亀井選手。ホームランを打つパワーは十分にある選手です。

フルカウントとなってから、亀井選手の打った打球はショートへ!

しっかりと打球を処理し、1塁へ転送!3アウトとなり、25年ぶりの優勝が決まった、印象深い試合でした!

 

次回は?

名古屋を本拠地としている、中日ドラゴンズについて取り上げます!

強竜打線との異名もあったドラゴンズですが、ここ最近は苦しいシーズンが続いています・・・

その背景等も含めてご紹介していきます!それではまた次回!

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高校野球の表裏 ひたむきさと過酷さと

みなさまこんばんは!Tadashiです。 プロ野球のことについて、様々な記事を書いているのこのブログです。 今回も前回と同様、「私の論点」シリーズと題して、お送りして行きます。 このシリーズは、よくプ …

どうすれば上達する?メンタル面の大切さについて

みなさまこんばんは!Tadashiです! 基本的にプロ野球のことに関して書いているこのブログですが、今回は少し趣向を変えてお送りしたいと思います。 今回は、今現在野球の能力を上達させたい、でもどうすれ …

中日ドラゴンズ 迎えた試練の時

みなさまこんばんは!Tadashiです! 12球団あるプロ野球チームを紹介しているところですね! 今回ご紹介するのは、名古屋を本拠地としている、中日ドラゴンズ(以下、ドラゴンズと略す)についてご紹介い …

横浜DeNAベイスターズ ガラガラから満員の球場への変化

みなさんこんにちは!tadashiです! 12あるプロ野球チームを順番に紹介していますが、今回はその9回目になります! 今回ご紹介するのは、神奈川県を本拠地とする、横浜DeNAベイスターズ(以下、ベイ …

読売ジャイアンツ 球界の盟主が迎えた試練

みなさまこんにちは!tadashiです!今回からは、またプロ野球のチーム紹介に戻ります! 前回まではパ・リーグの6球団をご紹介していましたが、今回からはセリーグの6球団をご紹介していきます! 今回は、 …

 

こんにちは!Tadashiです!

野球の経験はありませんが、何よりも野球が大好きな人間です。
小さな頃から25歳になった今でも、度々野球場に足を運んでいます!

野球を知らない人でも楽しんでもらえるような、様々な情報をお伝えできればと思います!

どうぞよろしくお願いします!