野球を知ろう!こんなにも奥深い野球の世界

野球好きのための「メンタル・知識・技術・食」に関する、 "知って得する!"あらゆる情報をお届けしていきます!

野球

東北楽天ゴールデンイーグルス 弱小球団からの優勝

投稿日:2018年9月17日 更新日:

みなさんこんばんは、Tadashiです!12回にわたってプロ野球のチームを紹介している最中ですが、今回は第2弾ということで、宮城県を本拠地にしている 東北楽天ゴールデンイーグルス (以下、東北楽天) について紹介していきます!

私はこの楽天を2005年からずっと応援しています!

決して強いチーム・・・とはいえませんが、それでも応援したくなるチームだと思っています!笑

それでははじめていきましょう!

東北楽天ゴールデンイーグルス

チームの概要・歴史

東北楽天は2005年に新しく創設されたチームです。宮城県にある「楽天koboスタジアム宮城」という球場を本拠地としています。

まだまだ歴史としては浅いチームではありますが、東北へ根付かせる努力を地道に行った結果、今では東北地方に数多くのファンが存在しています!

なぜ2005年に創設されたのか・・・その点を書いてしまうと長くなりますので割愛しますが、元々「近鉄バファローズ」という球団がありました。その球団が合併されて消滅してしまった代わりに、創設されました!

最悪な船出

2005年、プロ野球シーズン開幕戦。東北楽天にとっても初めての試合という中で、見事千葉ロッテマリーンズに5-3で勝利しました!

新規球団が開幕戦で勝つ、これはまさに偉業です!そのまま勢いよく進むかと思われましたが・・・

翌日、なんと26-0という、歴史的な大敗を喫してしまいます。当時この試合のニュースは幾度となく放送され、悪い意味で衝撃を残してしまう形になりました。

そもそも、選手のほとんどは「近鉄バファローズ」から移籍した選手であり、若い選手もいなかったため「寄せ集め集団」と揶揄されていたことは事実です。

ただ、そうといってもこの試合は大きな反響を呼んでしまいました。

結局この年の東北楽天は度々大型連敗を繰り返し、最終成績は38勝97敗1分、ダントツで最下位という屈辱まみれのシーズンとなってしまいました。

それでも、震災を乗り越え・・・

翌年2006年も最下位に終わってしまいましたが、2007年シーズンはなんと4位に!さらに2009年にはなんと2位でシーズンを終えました!

その後また低迷しましたが、2013年にはついに球団史上初のリーグ優勝を成し遂げ、日本一にも輝きました!

誰しもが忘れることのない2011年の「東日本大震災」。当然ながら仙台地方は甚大な被害に遭い、本拠地の球場が使えなくなったため、シーズン当初は兵庫県にある「甲子園球場」を使わなければいけないほどでした。

当時監督を務めていた 故星野仙一監督は、当時をこう語っていました。

 

「選手たちは野球に集中できる状態ではなかった。えらい時期に監督を引き受けてしまったと思った。それでも、東北に勇気を届けるために頑張るしかないと思った」

 

この年が監督として1年目だった星野監督。結果は5位に終わってしまったものの、2012年は4位、そして2013年に優勝を成し遂げ、2014年に監督を引退されました。

彼の存在なくして、東北楽天の優勝・そして日本一はなかった。一人の楽天ファンとして、私はそう思います。

名選手・これから期待の選手

何と言っても田中将大選手に代表されるでしょう!!駒大苫小牧高校では2005年に優勝投手として大活躍し、東北楽天に入団後すぐに頭角を表し、大活躍しました。

中でも2013年には、24勝0敗という異次元の成績を記録!!先発投手が1年間しっかりと投げ続け、0敗というのは信じられない記録です!

まさに神様と言えるような成績を残し、初優勝をもたらした原動力として活躍しました!

現在はアメリカのメジャーリーグで活躍している田中選手!海を渡ってもなお活躍し続ける、本当に1流の選手ですね!!

忘れられない名試合

2013年9月26日、東北楽天が初優勝を決めた試合は、忘れることのない試合になりました。

4-3とリードした最終回、これまで先発投手として投げてきた田中選手が、なんと最後を締めくくるために登場しました!!

球場の雰囲気が最高潮に達する中ではありましたが、埼玉西武ライオンズも簡単には勝たせてくれません。

1アウト2.3塁のチャンスを作りました。もし2人ともホームに返ってくれば、サヨナラ負けとなる大ピンチ・・・ しかし、ここで田中選手のギアが入りました。

まずは栗山選手を見逃し三振にとって2アウト。そして次は浅村選手。今シーズン急成長を果たした若手選手でした。

それでも、田中選手が核の違いを見せつけ、空振り三振に打ち取りました!!

その瞬間、田中選手は雄叫びをあげ、優勝が決まった瞬間となりました!!雄叫びの瞬間は、誰しもが忘れることのない名シーンとして、語り継がれています。

次回は?

次回は千葉県を本拠地とする「千葉ロッテマリーンズ」についてお伝えします!独特の応援スタイルなどが魅力のチームです!

それではまた次回もご覧ください!

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

セイバーとは?様々な指標から数値を分析!

みなさんこんばんは!Tadashiです! 高校野球やプロ野球のこと、また野球の技術面や精神面についての記事を書いているのが、このブログです。 前回は、「キャッチャーとして勝負するために」というタイトル …

福岡ソフトバンクホークス 常勝球団への過程

みなさまこんにちは!tadashiです!12回に渡ってプロ野球チームを紹介しているところですが、今回はパ・リーグ最後の球団になります! 今回は、福岡県を本拠地とする、福岡ソフトバンクホークス(以下、ソ …

CSの是非 見直しはあるのか?

みなさまこんばんは!Tadashiです。 プロ野球のことについて、様々な記事を書いているのこのブログですが、今回は少し趣向を変えます! これまでは特定のプロ野球チーム・あるいは選手について焦点を当てて …

横浜DeNAベイスターズ ガラガラから満員の球場への変化

みなさんこんにちは!tadashiです! 12あるプロ野球チームを順番に紹介していますが、今回はその9回目になります! 今回ご紹介するのは、神奈川県を本拠地とする、横浜DeNAベイスターズ(以下、ベイ …

オリックス・バファローズ 優勝への長き道のり

みなさまこんにちは!tadashiです!12回に渡ってプロ野球チームを紹介していますが、今回はその5回目となります! 今回は、大阪および兵庫を本拠地とする、オリックス・バファローズ(以下、オリックス) …

 

こんにちは!Tadashiです!

野球の経験はありませんが、何よりも野球が大好きな人間です。
小さな頃から25歳になった今でも、度々野球場に足を運んでいます!

野球を知らない人でも楽しんでもらえるような、様々な情報をお伝えできればと思います!

どうぞよろしくお願いします!