野球を知ろう!こんなにも奥深い野球の世界

野球のあれこれに関して、基本的なことから細かなことまで書いていきます!

野球

北海道日本ハムファイターズ 北の大地に根付いた球団

投稿日:2018年9月16日 更新日:

こんばんは、Tadashiです!前回は日本のプロ野球の概要について記事を書きましたが、今回はより細かなところに焦点を絞って記事を書いていきたいと思います!

まず一つ目は、北海道にある札幌ドームを本拠地とする、北海道日本ハムファイターズです!(以下、日本ハムと省略します)

北海道日本ハムファイターズ

チームの概要

「北海道」と名前にあるように、北海道を本拠地としています。ホームゲームのほとんどは札幌ドームで行われていますが、稀に帯広や旭川の市民球場で行われることもあります。地域一体をしっかりと表していますね!

札幌ドームの最寄り駅は、札幌市営地下鉄・「福住駅」というところです!札幌駅から電車で約15分ほどですので、足を運びやすい環境ではないでしょうか。

また札幌ドームは野球だけではなく、ライブイベントやサッカー試合も数多く開催されています。そのような時はシャトルバスも運行されています。

JRであれば「白石駅」もしくは「新札幌駅」からもシャトルバスは運行されていますので、そちらを利用されるのもいいかと思います!

特徴

日本ハムの特徴としては、とにかく若手選手がしっかりと成長し、チームの軸として活躍する、この流れがしっかりと構築されていることです。特に次の点は着目すべき点になります!

 

5年に1回優勝すればいい

 

これについては、とにかく若手を使って育てること、その表れかと思います。そのため選手の入れ替わりが激しく、常に競争意識を持って選手は取り組むため、適度な緊張感を感じながらシーズンを過ごしていると推測できますね。

ただ一方で、長年活躍した選手を他球団に放出する割合も、他球団に比べればかなり高いチームです。「ドライではないか」という批判が起こることも少なくありません。

しかしそれでも、比較的安定したチーム成績を毎年残しているため、チーム経営という意味では素晴らしい球団です。

名選手・これから期待の選手

日本ハムに在籍した名選手といえば、まず思い出されるのは大谷翔平選手でしょう!現在はアメリカのメジャーリーグに挑戦していますね!プロ野球という異次元のレベルの高さの環境で、投手と野手の二刀流に挑戦しました。

特に2016年、日本ハムはリーグ優勝を果たし日本一にもなりましたが、間違いなく大谷選手の活躍が後押ししました。

野手としてはホームランを20本放ち、投手としては10勝を達成。文字にするとあっさりしていますが、とんでもない偉業です笑

そしてこれからの選手!というところでは、清宮幸太郎選手でしょう!!たとえ野球をあまり知らない方でも、ニュース等で見かけたことはあるのでは?

高校野球の通算ホームラン記録を更新し、大きな期待を背負って日本ハムに入団しました。数年後、日本を代表するホームランバッターになることを期待しましょう!

 

忘れられない名試合

私は日本ハムのファン・・・ということではないのですが笑 その私でも一生忘れることのない名試合があります。

 

2006年 クライマックスシリーズ(以下、CS)

福岡ソフトバンクVS日本ハム 第2戦

 

2006年シーズンを優勝で終えた日本ハム。一方3位に終わりながらも、日本シリーズ進出を懸けて敵地札幌ドームに乗り込んだソフトバンク。

しかし初戦で敗れ、あと1敗してしまうとシーズンが終わる状況にソフトバンクは追い込まれました。

その絶体絶命の中での試合。試合は9回表まで進むも0-0。まさにとんでもない緊張感の中、ソフトバンクの投手・斉藤和巳は投げ続けました。

この年の斉藤和巳投手は、12球団で1番と断言して良いほどの、凄まじい成績を残していました

シーズンの勝利数・防御率・奪三振数・勝率の全ての記録で1位を獲得。「投手四冠」と呼ばれる偉業を成し遂げていました。

この試合も素晴らしいピッチングを展開。しかし・・・味方打線が点を取ることができません。9回裏、日本ハムの攻撃時は、まさに異様な雰囲気に包まれて始まりました。

その雰囲気に飲み込まれたのか、ランナー1.2塁のピンチを招き、日本ハムの打者は稲葉篤紀。この年見事な活躍を見せた打者です。

打った打球はセンター方向へ!!しかし二塁手がキャッチ!そのままボールを2塁へ投げましたが、1塁ランナーの方がベースに早く到達しセーフに・・・

その隙を見て2塁ランナーが一気にホームベースへ!この瞬間、試合が終わりました。日本ハムはなんと25年ぶりの優勝!!

一方、斉藤和巳投手は泣き崩れて、自力で歩くことができないほどのショックを受けていました。

このブログでリンクを貼ることはできませんが、是非一度検索をしてください、そして見てください。絶対に印象に残るはずです。

 

次回は?

次回は2球団目、東北楽天ゴールデンイーグルスについてお伝えします!私が2005年からずっと応援している球団です!!是非次回もご覧ください!^ ^

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高校野球の表裏 ひたむきさと過酷さと

みなさまこんばんは!Tadashiです。 プロ野球のことについて、様々な記事を書いているのこのブログです。 今回も前回と同様、「私の論点」シリーズと題して、お送りして行きます。 このシリーズは、よくプ …

中日ドラゴンズ 迎えた試練の時

みなさまこんばんは!Tadashiです! 12球団あるプロ野球チームを紹介しているところですね! 今回ご紹介するのは、名古屋を本拠地としている、中日ドラゴンズ(以下、ドラゴンズと略す)についてご紹介い …

読売ジャイアンツ 球界の盟主が迎えた試練

みなさまこんにちは!tadashiです!今回からは、またプロ野球のチーム紹介に戻ります! 前回まではパ・リーグの6球団をご紹介していましたが、今回からはセリーグの6球団をご紹介していきます! 今回は、 …

横浜DeNAベイスターズ ガラガラから満員の球場への変化

みなさんこんにちは!tadashiです! 12あるプロ野球チームを順番に紹介していますが、今回はその9回目になります! 今回ご紹介するのは、神奈川県を本拠地とする、横浜DeNAベイスターズ(以下、ベイ …

プロ野球の森羅万象!

みなさまこんばんは!Tadashiと申します!今回からこのブログを書いていくことにしました^ ^ 今日から12回に分けて、12球団あるプロ野球チームそれぞれに焦点を当てて、ご紹介していきます。が!まず …

 

こんにちは!Tadashiです!

野球の経験はありませんが、何よりも野球が大好きな人間です。
小さな頃から25歳になった今でも、度々野球場に足を運んでいます!

野球を知らない人でも楽しんでもらえるような、様々な情報をお伝えできればと思います!

どうぞよろしくお願いします!