野球を知ろう!こんなにも奥深い野球の世界

野球好きのための「メンタル・知識・技術・食」に関する、 "知って得する!"あらゆる情報をお届けしていきます!

野球

読売ジャイアンツ 球界の盟主が迎えた試練

投稿日:2018年9月24日 更新日:

みなさまこんにちは!tadashiです!今回からは、またプロ野球のチーム紹介に戻ります!

前回まではパ・リーグの6球団をご紹介していましたが、今回からはセリーグの6球団をご紹介していきます!

今回は、東京を本拠地とする、読売ジャイアンツについて、ご紹介していきます!王貞治氏や長嶋茂雄氏など、伝説の選手と呼ばれる選手が数多く在籍していました。

また現在12球団あるプロ野球チームの中でも、最も古く伝統があるチームです!

それでは紹介していきます!

 

読売ジャイアンツ

チームの概要・歴史

読売ジャイアンツは、東京にある東京ドームを本拠地としている球団です!12球団の中で最も歴史が古く、一番ファンの数が多い球団となっています。

歴史があるということは、それだけ過去に様々な名場面があることを意味しています。古い話になりますが、勝った方が優勝となる「10.8決戦」も、そのうちの一つと言えるでしょう!

常に安定した強さを誇り、優勝回数も45回とダントツです。特に1965年から73年までの9年間、9年連続優勝という偉業を成し遂げました!

「とにかく強い」というイメージを持っている人は多いかと思います。しかし、その強さは資金力からもたらされたとも言えます。

ソフトバンクと同様に資金力は潤沢であるため、FA制度を使用した選手を、お金で獲得するという流れが過去には多くありました。

その影響で、各チームの4番打者レベルの選手を集めすぎてしまい、チームバランスがうまくいかなかったことがありました。

野球はホームランバッターばかりを集めて勝てるようなスポーツではありません。足が速い選手や小技ができる選手も必ず必要です。

現在は大物選手がFA制度を利用すること自体が、以前より減少しました。
それもあってか、巨人もお金で選手を獲得することは以前より少なくなっています。

方、ここ数年は若手の育成がうまくいかず、2015年から優勝を果たすことができていません。現在は広島カープが黄金期を迎えているので、しばらく苦しいシーズンになるかもしれませんね。

 

「球界の盟主」のはずが・・・

巨人は常々、「球界の盟主」と呼ばれることがあります。同時に「巨人軍よ紳士たれ」という言葉も存在します。

最も注目を集める球団であるからこそ、常に紳士的な振る舞いをしなさいということですね。ところが・・・

記憶に新しいところでは、野球賭博事件が発覚しました。結果として3人の選手が契約解除となり、野球界にも衝撃を与えました。

加えて、プロ野球界全体のレベルが上がったこともあり、昔ほどの強さを維持することは難しくなりました。

そのため、現在の巨人は絶対的な強さとは言えず、マナーの面も悪い点が目立つため、「球界の盟主」という言葉そのものに疑問を覚える人も少なくありません。

野球選手としてだけではなく、1人の社会人としての行動を心がけてほしいですね。

 

名選手・これからの選手

今年一気にブレイクした選手がいます!岡本和真選手です!

奈良の智辯学園高校から巨人へと入団し、長距離砲として期待をされていました。

しかし、期待とは裏腹に結果を残すことができず迎えた4年目、ついに才能が開花!今シーズン既に30本塁打を記録しました!

どうしてもこれまでの巨人は、長距離砲はFA選手に頼っていた事実があります。しかしこうやってしっかりと選手が育ったことは、これからの選手育成に大きな影響を与えそうです。

忘れられない試合

過去に何回も優勝している巨人ですが、その中でも2000年の優勝決定の瞬間は、非常に印象的でした。

 

2000年9月24日 巨人VS中日ドラゴンズ

 

9回表を終わり、4-0と中日ドラゴンズがリード。今日勝てば優勝が決まる巨人でしたが、さすがに今日は無理か・・・誰もがそう思いました。

しかし、試合はここからまさかの展開を見せます。

中日の投手は、抑えのギャラード選手。抑えとして安定した成績を残し、活躍した選手です。

そのギャラード選手相手に、巨人は9回裏、1アウト満塁のチャンスを作ります。
ここでバッターは江藤智選手!

長打力が持ち味で、この年30本以上ホームランを量産した選手です!

2ボール0ストライクからの3球目。江藤選手が放った打球は、なんとレフトスタンドへ!!一気に同点に追いつく、奇跡の満塁ホームラン

さらに続くのは二岡選手!打率とホームラン両方をバランスよく残せる好打者です。

その2球目。二岡選手が放った打球は、ライトスタンドへ吸い込まれました!

サヨナラホームランで優勝を決めるという、なんとも劇的な結末で、巨人が優勝を果たした伝説の試合でした!

 

次回は?

同じく東京に本拠地を置く、東京ヤクルトスワローズについてご紹介していきます!

巨人と比較すると地名度は落ちてしまいますが、ここ数年ファンの数も増えていて、注目を集めている球団です!

それではまた次回!

 

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

北海道日本ハムファイターズ 北の大地に根付いた球団

こんばんは、Tadashiです!前回は日本のプロ野球の概要について記事を書きましたが、今回はより細かなところに焦点を絞って記事を書いていきたいと思います! まず一つ目は、北海道にある札幌ドームを本拠地 …

東京ヤクルトスワローズ 仲良し球団の構造とは

みなさまこんにちは!Tadashiです! 12回に渡ってプロ野球チームを紹介していますが、今回は8回目になります! 今回は、前回と同様東京を本拠地とする、東京ヤクルトスワローズ(以下、ヤクルトと略す) …

怪我をしないために

みなさんこんばんは!Tadashiです! プロ野球や高校野球、また野球の技術面など、野球に関して様々なことを書いているこのブログです。 前回までは、打撃面や守備面など、試合の中で求められる必要なスキル …

広島東洋カープ ついに迎えた黄金期!

みなさまこんにちは!Tadashiです! 12球団のプロ野球チームを紹介しているところですが、今回はその10回目となります。 今回ご紹介するのは、広島県を本拠地している、広島東洋カープ(以下、カープと …

技術以上に大事な「言葉」

みなさんこんばんは!Tadashiです! プロ野球や高校野球など、野球に関する様々なことを書いているこのブログです! これまでは野球チーム・および野球選手について紹介する記事が多かったですが、今回もま …

 

こんにちは!Tadashiです!

野球の経験はありませんが、何よりも野球が大好きな人間です。
小さな頃から25歳になった今でも、度々野球場に足を運んでいます!

野球を知らない人でも楽しんでもらえるような、様々な情報をお伝えできればと思います!

どうぞよろしくお願いします!