野球を知ろう!こんなにも奥深い野球の世界

野球好きのための「メンタル・知識・技術・食」に関する、 "知って得する!"あらゆる情報をお届けしていきます!

野球

福岡ソフトバンクホークス 常勝球団への過程

投稿日:2018年9月21日 更新日:

みなさまこんにちは!tadashiです!12回に渡ってプロ野球チームを紹介しているところですが、今回はパ・リーグ最後の球団になります!

今回は、福岡県を本拠地とする、福岡ソフトバンクホークス(以下、ソフトバンク)についてご紹介いたします!

「常勝球団」とも呼ばれるほど、ここ数年間の強さは際立っているソフトバンク。資金力も豊富で、安定したチームの強さを発揮しています!

それではご紹介していきましょう!

福岡ソフトバンクホークス

チームの概要・歴史

ソフトバンクは、福岡県を本拠地とするチームです!ヤフオクドームという球場がホーム球場です!

ソフトバンクといえば、携帯会社を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?そこでの利益なども追い風になり、非常に潤沢な資金力を持ち合わせています!

現在のプロ野球では珍しい、3軍制度を備えているのも特徴としてあります。より多くの選手を確保し、育てたいという気持ちからでしょう。

選手を確保するということは、少なからずの年俸は発生します。それがあっても、3軍を維持できているのが強いところですね。

施設についても、これが本当に3軍の施設なの…?と思うような素晴らしい施設です笑

恵まれた環境で若手を成長させ、潤沢な資金力で大物選手を獲得する、この一体技が「常勝球団」と呼ばれる理由かと思います!

2004年以降は安定してAクラス(上位3チームのこと)に入ることがほとんどでしたが、一方で悲劇を数々味わったチームでもありました…。

 

強いのだが、悲運なところも…

以前、千葉ロッテを紹介したときにお伝えした、千葉ロッテの特徴は覚えていらっしゃいますか?

「短期決戦に強い」ということでしたね!

一方のソフトバンクは、短期決戦には弱いチームという面があります。

2004年、そして2005年ともに、シーズンは1位で終えました。しかし、その後のプレーオフで、悲劇を味わうのです。

現在こそ、プレーオフはCSという名前に変え、また優勝チームには1勝のアドバンテージが与えられています。

しかし、当時はこの1勝のアドバンテージはなく、5試合制で先に3勝すれば優勝という制度でした。

結果として、ソフトバンクは2年連続シーズンでは1位にも関わらず、プレーオフでは2年連続2勝3敗となり、日本シリーズに出ることはできませんでした。

現在こそ1勝のアドバンテージが追加になりましたが、もしかするとこの悲劇からルールが変更された可能性も、あるかもしれませんね。

 

名選手・これからの選手

ソフトバンクになると、名選手はたくさんいます笑 先日、今シーズン限りでの引退を決めた杉内俊哉選手。

また投手陣では斉藤和巳選手や、昨年の野球世界一決定戦(通称WBC)で、日本人で唯一ベストナインに選ばれた千賀滉大選手も、ソフトバンク所属です!

特にプロ野球ファンの間で今も語り継がれているのが、2003年の「100打点カルテット」と呼ばれるものです!

選手がどれだけランナーをホームに還したのか、その記録が打点です!例えばランナーが1人いて、その人を還したら1打点となります。

またランナーが1人いてホームランを打てば、ランナーはもちろん、打ったバッターもホームに還るので、2打点になります!

100打点というのは、1年間のシーズンを通しても、各球団1人もしくは2人が達成することが普通です!それを4人同時に達成…凄い破壊力です笑

 

井口資仁 松中信彦 城島健司 バルデス

 

この4人によって完成された「100打点カルテット」は、15年が経った今もなお、伝説として語り継がれています。

 

忘れられない試合

過去にプレーオフで悔しい思いを味わったことは、上記でお伝えした通りですね。しかし、何よりも悔しさを味わった選手がいました。

平成唯一の三冠王、松中信彦選手です。

その松中選手が、長年の悔しさを晴らした、特別な試合がありました。

 

2011年11月4日 CS第2戦 西武ライオンズVS福岡ソフトバンク    

 

2011年、ソフトバンクはリーグ優勝を果たし、CS1戦目も勝利。あと2勝で、日本シリーズに進出できる状態でした。

2戦目、8回裏の時点でソフトバンクが3-2でリード。しかし、より勝利を確実にするために、追加点がほしいところ。

すると、2アウト満塁のチャンスを作り、ここで代打に送られたのが松中選手でした。

シーズンを通してでは素晴らしい成績を残した選手ですが、過去のプレーオフ、とにかく不振が続きました。いつしか「逆シリーズ男」(シーズンと真逆の成績になってしまうこと)とまで呼ばれていました。

そんな中、これまでの悔しさを晴らすチャンス。相手はライオンズの牧田投手。今では少なくなった、下手投げの投手です。ルーキーイヤーから活躍した実力のある投手でした。

その対戦は、たった1球で終わりました。

初球、松中選手が放った打球は、ライトスタンドへ!!

これまでの悔しさを全て晴らした、「代打逆転満塁ホームラン」という劇的な展開を生み出しました。

この流れでCSを突破したソフトバンク。日本一も達成し、素晴らしい1年となりました!

 

次回は?

ここまで、プロ野球のチーム紹介をしてきましたが、ここで一旦ブレイクとして、内容を変更します!

次回は、「スターへの道 彼らはどうやってスターへと登りつめたのか」と題して、コラム形式で紹介します!

誰に焦点を当てるのか…それはお楽しみです!笑 それではまた次回!

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

技術以上に大事な「言葉」

みなさんこんばんは!Tadashiです! プロ野球や高校野球など、野球に関する様々なことを書いているこのブログです! これまでは野球チーム・および野球選手について紹介する記事が多かったですが、今回もま …

勝つためには、「奇策」を仕掛けろ!

みなさんこんばんは!Tadashiです! このブログでは、プロ野球や高校野球のことなど、また技術面や作戦面のことを書いています。 前回は、「野球をする動機・目的」について述べました。 野球をしたくない …

セイバーとは?様々な指標から数値を分析!

みなさんこんばんは!Tadashiです! 高校野球やプロ野球のこと、また野球の技術面や精神面についての記事を書いているのが、このブログです。 前回は、「キャッチャーとして勝負するために」というタイトル …

怪我をしないために

みなさんこんばんは!Tadashiです! プロ野球や高校野球、また野球の技術面など、野球に関して様々なことを書いているこのブログです。 前回までは、打撃面や守備面など、試合の中で求められる必要なスキル …

横浜DeNAベイスターズ ガラガラから満員の球場への変化

みなさんこんにちは!tadashiです! 12あるプロ野球チームを順番に紹介していますが、今回はその9回目になります! 今回ご紹介するのは、神奈川県を本拠地とする、横浜DeNAベイスターズ(以下、ベイ …

 

こんにちは!Tadashiです!

野球の経験はありませんが、何よりも野球が大好きな人間です。
小さな頃から25歳になった今でも、度々野球場に足を運んでいます!

野球を知らない人でも楽しんでもらえるような、様々な情報をお伝えできればと思います!

どうぞよろしくお願いします!