野球を知ろう!こんなにも奥深い野球の世界

野球のあれこれに関して、基本的なことから細かなことまで書いていきます!

野球

千葉ロッテマリーンズ 千葉の黒い集団

投稿日:2018年9月18日 更新日:

みなさんこんばんは、Tadashiです!12球団のプロ野球チームを紹介しているところですね!今回は3球団目、千葉ロッテマリーンズ(以下、千葉ロッテ)についてご紹介いたします!

応援のスタイルが他球団とは一線を画していて、非常に特徴的なチームとなっています!それでは始めていきましょう!

千葉ロッテマリーンズ

チームの概要・歴史

千葉ロッテマリーンズ(以下、千葉ロッテ)は、名前の通り千葉を本拠地にしています。JR京葉線の海浜幕張駅が最寄り駅となっています。

最寄り駅から球場までは100円(子供50円)のシャトルバスに乗るか、もしくは徒歩になります。

ただ、徒歩の場合およそ15分程度かかってしまいます…少しアクセスの面では不便な球場かもしれません。

続いて悲しいお知らせにはなりますが、千葉ロッテは、ここ30年以上勝率が1位でシーズンを終えたことはありません。ただ、リーグ優勝自体は2005年に達成しました。

それはなぜかというと、千葉ロッテはCSなどの短期決戦で抜群の強さを発揮するからです!

2005年はリーグ2位でシーズンを終えたものの、CS(当時の名称はプレーオフ)で1位のソフトバンクを破り、その結果優勝を果たしました!

さらにその後、阪神タイガースとの日本シリーズでも、圧倒的な強さで4連勝。あっという間に日本一になりました。

その4試合の合計得点が、千葉ロッテ33-4阪神タイガース というまさに大差…今もなおこの33-4という数字は度々出てきます笑

さらに2010年、シーズン3位で終えながらも、日本一を達成!3位からの日本一はプロ野球史上初のことで、「史上最大の下克上」という言葉が生み出されたほどでした!

やる気はあるのか…?

ファンも熱狂的なファンが多く、まさに「アツい」チームであることは間違いありません!

しかし、そのアツさに球団側が応えているのかというと…少し疑問が残るところではあります。

長年に渡ってホームランバッターが育たない状態が続き、「長打力不足」は長年の課題となっています。にも関わらず、球団フロントはあまり積極的な補強をしているイメージが見えません。

もちろん、外国人バッターには当たり外れがあります。全てをフロントの責任にするのは無理がありますが、あまりにも当たりが少ないなという印象が強いです。

もう少し、思い切って多額の資金を使ってでも、ある程度の大物選手を補強するなど、そういった点が必要ではないかと感じます。

独特の応援スタイル

プロ野球の応援は、基本的にメガホンを使用する球団が多いです(最近減少傾向ではありますが)。

ただ、千葉ロッテについては違います!

イメージでいうと、サッカーの応援に近いと考えてください。サッカーの応援でメガホン使う場面はあまり見たことがありません。

千葉ロッテのファンは、ほとんどの方が手拍子での応援をしています!また応援歌もかっこいいと称賛されるものも数多くあります。

そのためか、高校野球での応援歌も、千葉ロッテの選手それぞれの応援歌を使う高校がかなり多いです!

さらに言えば、毎年7月に行われるプロ野球オールスターゲーム。この日に限ってはファンの区別なく、セリーグVSパ・リーグの構図になります。

そのため、同じパ・リーグファンの方々は、「今日だけは千葉ロッテの応援が堂々とできる!!」と気合を入れる方々が多いです笑

名選手・これから期待の選手

「長打力不足」に悩まされていた千葉ロッテですが、それを今年解決した素晴らしい選手がいます!

井上晴哉(せいや)選手です!

アジャコングさんに見た目が似ているということから、「アジャ」としてプロ野球ファンの間では定着しています。

体型はまさにホームランバッターという体型をしていて、2014年に入団時非常に期待されていました。

しかし、期待の重さからか結果を出すことができず…まさに今年は正念場とも言えるシーズンでした。

その状況の中、開幕2戦目には2打席連続ホームランを放つなど、開幕から絶好調!夏場に少しペースは落ちましたが、20本塁打も達成しました!!

これが1年だけで終わらないよう、来年も引き続き活躍してほしいですね!

忘れられない名試合

個人的には2試合あるのですが、今回は1試合のみの紹介とさせていただきます!

 

2005年 プレーオフ最終戦 千葉ロッテVS福岡ソフトバンク

 

「常勝球団」とも言われる強さを持つソフトバンクに対して、31年ぶりの優勝を目指す千葉ロッテの戦いは、最終第5戦に持ち込まれました。

勝ったほうがリーグ優勝という、まさに歴史的な1戦となりました。

7回を終了して、1-2でソフトバンクがリードをする展開に。しかし8回表、千葉ロッテの攻撃で展開は変わります。

1アウトランナー1.2塁のチャンスを作り、バッターは里崎智也選手。期待されながらもくすぶっていましたが、この年ついに開花した選手でした。

その初球、里崎選手が放った打球は、ソフトバンクファンの悲鳴が鳴り響く中、あと少しでホームランになろうかという大飛球!!

フェンスにそのまま直撃し、2塁ランナーは余裕のホームインで同点!さらに1塁ランナーも大激走!!ほんのわずかの差でセーフになり逆転に成功!!

3-2とリードした千葉ロッテ。そのまま逃げ切り、31年ぶりという長いトンネルを抜け、優勝を決めた伝説の試合でした!!

次回は?

埼玉県を本拠地とする、埼玉西武ライオンズについて取りあげます!あの松坂選手や清原選手がかつて在籍した球団ですね!

どうぞご期待ください!

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

東北楽天ゴールデンイーグルス 弱小球団からの優勝

みなさんこんばんは、Tadashiです!12回にわたってプロ野球のチームを紹介している最中ですが、今回は第2弾ということで、宮城県を本拠地にしている 東北楽天ゴールデンイーグルス (以下、東北楽天) …

オリックス・バファローズ 優勝への長き道のり

みなさまこんにちは!tadashiです!12回に渡ってプロ野球チームを紹介していますが、今回はその5回目となります! 今回は、大阪および兵庫を本拠地とする、オリックス・バファローズ(以下、オリックス) …

読売ジャイアンツ 球界の盟主が迎えた試練

みなさまこんにちは!tadashiです!今回からは、またプロ野球のチーム紹介に戻ります! 前回まではパ・リーグの6球団をご紹介していましたが、今回からはセリーグの6球団をご紹介していきます! 今回は、 …

東京ヤクルトスワローズ 仲良し球団の構造とは

みなさまこんにちは!Tadashiです! 12回に渡ってプロ野球チームを紹介していますが、今回は8回目になります! 今回は、前回と同様東京を本拠地とする、東京ヤクルトスワローズ(以下、ヤクルトと略す) …

どうすれば成長する? 技術以上に大事な「言葉」

みなさんこんばんは!Tadashiです! プロ野球や高校野球など、野球に関する様々なことを書いているこのブログです! これまでは野球チーム・および野球選手について紹介する記事が多かったですが、今回もま …

 

こんにちは!Tadashiです!

野球の経験はありませんが、何よりも野球が大好きな人間です。
小さな頃から25歳になった今でも、度々野球場に足を運んでいます!

野球を知らない人でも楽しんでもらえるような、様々な情報をお伝えできればと思います!

どうぞよろしくお願いします!