野球を知ろう!こんなにも奥深い野球の世界

野球好きのための「メンタル・知識・技術・食」に関する、 "知って得する!"あらゆる情報をお届けしていきます!

野球

どうすれば上達する?メンタル面の大切さについて

投稿日:2018年10月13日 更新日:

みなさまこんばんは!Tadashiです!
基本的にプロ野球のことに関して書いているこのブログですが、今回は少し趣向を変えてお送りしたいと思います。

今回は、今現在野球の能力を上達させたい、でもどうすればいいのか悩んでいる という方に対して、助言のような記事を書きたいと思います。

ただ、今回は技術面ではなく、精神的な面(メンタル)での助言をできればと思います。

私は学生時代を陸上部で過ごしましたが、メンタル面がもう少し強い状態だったらな・・・と何回も後悔しました。

同じような後悔、そして悩みをこれ以上多くの人には抱えてほしくはないので、少しでも私の情報がお役に立てれば幸いです。

それでは始めていきましょう!!

 

どうすれば上達する?メンタル面の大切さについて

そもそもメンタルとは

メンタルとは、言葉のまま訳をすると「精神」ということです。

スポーツの側面から考えれば、精神というよりも、「精神力」という意味合いで使われることが多いかと思います。

人間であれば誰しもがこの「メンタル」を兼ね備えていますが、当然そこには個人差があります。

それは、メンタルの「強さ」というところです。

私自身、メンタル面は非常に弱い人間でした・・・ただこれは私だけではなく、日本人全体がメンタルが弱いと言われています。

 

なぜメンタルは大事なのか?

野球に限らず全てのスポーツにおいて、必要なものは2つあると思います。

1つ目は、技術力です。

やはり技術がある人のほうが、いい成績を残しやすいことは間違いないでしょう。

そしてもう1つ、メンタルの強さです。

メンタルが強い人は、何事にも動じずに平常心を保てるので、成績なども安定することに繋がるのです

特に、ここ1番の勝負どころ!というところで、その強さは生かされます。

野球の場面で言えば、得点圏の場合、もしくはピッチャーであればピンチの場面で、メンタルの強さは必要になります。

技術力があっても、メンタルが弱いため、本来の実力を発揮できていない選手がいます。

大阪桐蔭高校時代にはエースとして活躍し、現在は阪神タイガースに所属している、藤浪晋太郎選手です。

「イップス」という症状

藤浪選手は今まさに、イップス状態ではないか?と言われることが多くあります。

では、イップスとは一体なんでしょうか?

世間一般的な定義で言いますと、「メンタルが要因となって起こる症状で、本来の競技運動ができなくなること」を言います。

緊張状態から平常心を保てなくなり、考えられないようなミスなどを起こしてしまう、非常にやっかいなものです。

藤浪選手の場合だと、プロ入りしばらくは2桁勝利を挙げるなど大活躍。高校時代そのままに、プロでもこのまま活躍すると期待されていました。

ところが・・・プロ4年目の2016年から、本来の投球ができなくなりました。原因として2つ考えられます。

 

考えられる要因

1つ目は、阪神ファンのヤジ、ではなく暴言です。

ヤジと暴言は全く違います。奮起を促す意味でも使われるのはヤジですが、暴言は本当にただの悪口と同じことです。

本来味方であるはずのファンから、様々な暴言を浴びせられる。これは精神的にキツイものがあるでしょう。

特に阪神ファンは、熱狂的であるがゆえ、厳しい言葉をダイレクトに浴びせることもあります。ファンが選手を潰してしまう、これだけは控えてほしいですね。

2つ目は、恐怖心が強すぎるのではないかと推測します。

本来、藤浪選手はコントロールがいいピッチャーではありません。荒れ球と力強いストレートを武器に、成績を残していました。

しかし、それが原因で相手打者にデッドボールを与えてしまう回数が多くなりました。そして、プロの打者はその投球に対して時に感情を露わにします。

それが恐怖心となり、内角を突く投球ができていないのです。

藤浪選手は、この「イップス」により現在苦しんでおり、メンタル面からの改善が必須ではないかと言われています。

 

上達するために

非常に極論にはなってしまうかと思いますが、とにかく「楽しむこと」を選手も、そして指導者も忘れずに取り組むことが大切です。

現役のプロ野球選手も、少年野球はとにかく勝利主義だと言及することがあります。

もちろん勝負事になれば、勝ち負けが大事なのは普通のことです。

しかし、好きでやっているはずの野球(もしくは他のスポーツ)をすることが、苦しいと感じてしまったら、それは当然精神的に苦しいものになります。

選手の立場から、もし指導者の指導が勝利主義に思えたり、楽しくすることを考えていないように映ったら、誰かを経由して伝えるのもいいでしょう。

特に現代は、指導者の役割が非常に大きくなっています。教える側と実行する側が、同じ気持ちで野球に取り組むことが、一番のメンタル強化だと思います。

 

次回は?

次回は未定です!見ていただいてのお楽しみです!

是非次回もご覧ください!

 

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2つの「リード」を意識しよう!

みなさんこんばんは!Tadashiです! 高校野球やプロ野球のことなど、さらには野球の技術面や精神面など、あらゆる観点から記事を書いているのがこのブログです! 前回は2回に分けて、「セイバー」について …

横浜DeNAベイスターズ ガラガラから満員の球場への変化

みなさんこんにちは!tadashiです! 12あるプロ野球チームを順番に紹介していますが、今回はその9回目になります! 今回ご紹介するのは、神奈川県を本拠地とする、横浜DeNAベイスターズ(以下、ベイ …

CSの是非 見直しはあるのか?

みなさまこんばんは!Tadashiです。 プロ野球のことについて、様々な記事を書いているのこのブログですが、今回は少し趣向を変えます! これまでは特定のプロ野球チーム・あるいは選手について焦点を当てて …

怪我をしないために

みなさんこんばんは!Tadashiです! プロ野球や高校野球、また野球の技術面など、野球に関して様々なことを書いているこのブログです。 前回までは、打撃面や守備面など、試合の中で求められる必要なスキル …

千葉ロッテマリーンズ 千葉の黒い集団

みなさんこんばんは、Tadashiです!12球団のプロ野球チームを紹介しているところですね!今回は3球団目、千葉ロッテマリーンズ(以下、千葉ロッテ)についてご紹介いたします! 応援のスタイルが他球団と …