野球を知ろう!こんなにも奥深い野球の世界

野球好きのための「メンタル・知識・技術・食」に関する、 "知って得する!"あらゆる情報をお届けしていきます!

野球コラム

「技術が高い」だけでは物足りない

投稿日:2018年10月20日 更新日:

みなさんこんばんは!Tadashiです。
プロ野球や高校野球、また野球の技術面などについて書いているこのブログです。

前回は、スランプについての記事を書きましたね。
スランプはどの職業でも、そして誰にでも起こりうるものでした。

実際に高い能力を持っていたとしても、身体の成長や心理面の変化に適応させなければ、スランプになりやすくなってしまいます。

一流選手と呼ばれる人たちでも、スランプを過去に経験した選手は数多くいます。

それでもそのスランプを乗り越えて一流選手へと進化していったので、同じく我慢しながらスランプを脱出しましょう。

そして今回は、一流選手になるためには「技術」以外に必要なものがある というテーマで記事を書きたいと思います。

イチロー選手や松井秀喜選手などは、総じて一流選手と呼ばれます。それはもちろん、「圧倒的な実績」からくるものもあります。

しかし、一流選手は技術以外にも、ほかの選手とは違う側面があるから、一流と飛ばれるのです。

今回はこのテーマについて説明していきましょう!

 

「技術が高い」だけでは物足りない

なぜ技術だけでは足りないの?

「一流選手」と呼ばれるにあたってまず必要なのは、上記と被ってしまいますが、「圧倒的な実績」です。

プロ野球であれば、2000本安打や200勝達成など、本当に数少ない達成者しかいない記録はまさに重宝されます。

そういった記録が後押しとなって、実績へとつながっていきます。

そのような実績だけでも、一流選手と呼ばれることはあるでしょう、間違いではないと思います。

しかし、本当に一流選手と呼ばれる人は、実績以外にもあるものを持っています。

それは、「圧倒的な人間性」です。これはすごく大事なものです。

実力で周囲を引っ張る人・人間性で周囲を引っ張る人どちらかでもいいですが、両立できればこれ以上ない好影響を周りに与えることでしょう。

そしてその好影響を与えるが、「一流」という評価に繋がります。

 

物を大切に

世の中様々なスポーツがありますが、その中でも野球は「道具」が多いスポーツだと言えるでしょう。

バットにグローブ、スパイクやソックスやバッテインググローブなどは最低限ですね。

値段はもちろんピンキリではありますが、高いものではそれぞれが1万円を超えるものも沢山あります。

どれか一つが劣化してしまうと、パフォーマンスに影響してしまうので、メンテナンスは大切な習慣になってきます。

イチロー選手に関する有名な話では、試合後毎日必ずスパイクを磨いているという話があります。

当然ですがアマチュア野球とは違い、プロになると試合数は圧倒的に多くなり、1試合の時間も長いです。

そんな環境に身を置いている状態でも、毎日欠かさず道具のメンテナンスをする姿勢は、本当に凄いですよね。

バットを地面に叩きつける場面など、実際に試合中継などで見た事はありませんか?

悔しさを表しているのはわかりますが、道具に当たる必要はありませんよね。

道具のおかげで野球ができている、このことを大切に、肝に銘じてほしいと思います!

 

技術「以外」でも目立つこと

技術が高いということは、「当たり前」ではありません。

技術が高い事が当たり前なら、プロ級レベルの選手が何人も出てくることになりますよね笑
ですので、技術面で目立つことは簡単なことではありません。

一方技術面以外で目立つことは、決して難しいことではありません。
当たり前のことを当たり前にすること、これができれば技術以外で目立つことは可能です。なぜでしょうか?

それは、当たり前のことができない人が、多いからです。

毎日の練習が終わったら、グラウンドはボコボコになるでしょう。おそらく毎日トンボをかけているはずです。

そのトンボをかける行為を、誰かに任せっぱなしになってはいませんか?

基本的に部活動では下級生が担当することが多いでしょう。ただ、本当に一流の人は、最上級生になっても自ら率先してするでしょう。

当たり前と言われることを任せるのではなく、率先してすることによって、後輩からも慕われる存在になっていくはずです。

本当の一流選手は、こういうところから違うんですね。

 

一流選手のコトバ

イチロー選手が残した言葉に、「何かを長期間するときは、考えと行動を一致させることが大切だ」という言葉があります。

まさにその通りですよね。

スランプのところでもありましたが、「うまくなるための我慢の時期」と思って過ごすことが大切なのです。

そのために自分がとるべき行動を考え、実践していくことが必須です。

思考の段階から他の人と違う意識を持っていれば、技術の面で大きく引き離せるチャンスとなるでしょう。

イチロー選手の言葉をしっかりと胸に刻んで、少しでも長く野球を続けてほしいと私も思っています。

 

次回は?

次回も未定です!来ていただいてからのお楽しみです!

ぜひこれからも訪問していただければ嬉しく思います!それでは!

-野球コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

なぜ野球をしたくないのか?なぜ「させる」のか?

みなさんこんばんは!Tadashiです。 このブログでは、プロ野球や高校野球のことについて、あるいは野球の技術面のことなど、幅広くお伝えしています。 前回は、「2つのリード」についてお伝えしました。 …

浪人からのエース 結果で示した選択の正しさ

みなさんこんにちは!Tadashiです! プロ野球に関する様々な記事を書いているこのブログです。 今回ご紹介するのは、共にチームの主軸として大活躍している2人です。 一人目は、ヤクルトスワローズで活躍 …

世界のエース 新たなる挑戦へ

皆さんこんにちは!tadashiです! プロ野球チーム、そして選手に焦点を当ててお送りしているこのブログですが、今回も同様、選手に焦点を当ててお送りします。 「スターへの道」シリーズとしてお送りする今 …

大切にしたい「食事」について

みなさまこんばんは!Tadashiです。 プロ野球や高校野球、また野球の技術面について、書いているこのブログです。 前回は、技術が高いだけでは物足りない というテーマで記事を書きました。 技術が高い選 …

バットを振れなかった悔しさ その悔しさを糧に

みなさまこんばんは!tadashiです! プロ野球のさまざまなことについて書いているブログです。 今回は前回同様、特定の選手に焦点を当てる、「スターへの道」シリーズをお送りします! 今回ご紹介するのは …