野球を知ろう!こんなにも奥深い野球の世界

野球好きのための「メンタル・知識・技術・食」に関する、 "知って得する!"あらゆる情報をお届けしていきます!

野球コラム

浪人からのエース 結果で示した選択の正しさ

投稿日:2018年10月12日 更新日:

みなさんこんにちは!Tadashiです!
プロ野球に関する様々な記事を書いているこのブログです。

今回ご紹介するのは、共にチームの主軸として大活躍している2人です。

一人目は、ヤクルトスワローズで活躍する、青木宣親選手。
日本で素晴らしい実績を残した後、メジャーリーグに挑戦。そして今年から、ヤクルトに復帰しました。

今年2位でシーズンを終えたヤクルトですが、この青木選手の活躍無くして、それはあり得ないものでした。青木選手のこれまでの経歴や、ヤクルトにもたらした功績について、ご紹介して行きます。

二人目は、読売ジャイアンツで活躍する、菅野智之選手。

読売のエースとしてだけではなく、まさに日本のエースとして君臨する菅野選手ですが、入団までには様々な経緯がありました。

バッシングも受けながら、それでも実力で周囲の評価を変えた、まさにスターと言える選手です。

今回はこの2人について、ご紹介していきます!

 

青木宣親&菅野智之 天才2人が目指す場所

青木宣親① 彗星のごとく現れたスター

青木選手は、高校時代は決して有名な選手ではありませんでしたが、早稲田大学に在学中にはタイトルを獲得するなど、注目されていた選手でした。

その甲斐もあり、2003年ドラフトでヤクルトから指名され、2004年からヤクルトの一員としてプレーすることに。

するとルーキーイヤーの2004年、一軍ではあまり出場機会はなかったものの、2軍では首位打者を獲得!!

いきなり鮮烈な印象を与えると、2005年には早くも一軍のレギュラーとして活躍!

なんと、いきなりシーズン200安打超えを達成!首位打者も獲得するなど、わずか2年でスターへと登りつめました!

その後も毎年打率は3割を超え、ヤクルトに欠かせない戦力となりました。

2011年、その年に導入された統一球の影響や、デッドボールを何回も受けるなどあり3割には届きませんでした。

その後青木選手の希望により、メジャーリーグへの移籍が実現します。

 

青木宣親② メジャー挑戦 ヤクルト復帰

メジャーリーグへの移籍が実現し、一定の活躍を見せた青木選手ではありましたが、その青木選手ですら打率3割を記録することはできませんでした。

メジャー球団も何球団も歩き渡る中、青木選手は2017年のWBCに出場しました。

前回記述したように、WBCの参加には消極的な選手が多いという事実があります。
実際、日本人メジャーリーガーで参加をしたのは、青木選手のみとなりました。

メジャーリーガーが参加しない流れの中で、唯一参加した青木選手には、称賛の声が多く届けられたのです。

実際のところ、青木選手は大会ではあまり活躍できませんでしたが、その姿勢に多くの人が感銘を受けました。

そして2017年オフ、日本球界に復帰することが報道され、古巣であるヤクルトへの復帰が決まりました。

今シーズン、序盤は適応に苦しみますが、最終的に打率3割を達成!!まさに、日本球界のスターと言える成績を残し続けています。

これから先もまだまだ活躍を続けてくれることでしょう!

 

菅野智之① 波乱万丈の入団経緯

菅野選手は、大学時代を東海大学で過ごしました。

当時から菅野選手の実力は素晴らしいものがあり、大学日本代表に選ばれたり、優秀選手を何回も受賞するなど、まさに敵無し状態でした。

そんな菅野選手は、原監督の甥っ子にあたり、原監督は当時巨人の監督を務めていました。

その血縁関係もあってか、菅野選手は巨人行きを熱望。他球団もそのことをわかっていたので、どの球団も菅野は指名しない・・・と思っていた矢先でした。

2011年ドラフト会議、当然巨人は菅野選手を指名しましたが、なんと日本ハムを菅野選手を指名したのです。会場は大きなどよめきに包まれました。

そして抽選の結果、入団交渉権を獲得したのは、日本ハムでした。

菅野選手、そして原監督が両方とも絶句し、絶望の顔をしていました。

その後、菅野選手は日本ハム入りを拒否。この一件は当時大きな騒動となり、菅野選手に対する「わがまま」とのバッシングが巻き起こりました。

その後菅野選手は、1年間浪人という形で過ごし、2012年ドラフト会議で巨人に単独指名され、入団となりました。

 

菅野智之② アンチを黙らせた実力・言動

それでも菅野選手は、読売に入団すると1年目から大活躍!

あっという間に読売のエースとなり、チームに欠かせない中心選手になりました。

また昨年のWBCでも、エースとして活躍しましたが、その際の言動が素晴らしいと称賛されました。

WBCへの出場に対する否定的な意見もある中、菅野選手は以下のように述べました。

 

「もちろんシーズンの方が大事。でもWBCに出ることで、見えてくるものがあると思う。だから出る」

 

日本のエースとして日の丸を背負う覚悟を強く打ち出したこの言葉は、強いインパクトを残しました。

WBCでは菅野選手は大活躍。惜しくも、準決勝のアメリカ戦で敗れてしまいますが、素晴らしい快投をしてみせました。

これからも日本のエースとして、活躍してくれることでしょう!

次回は?

次回は未定です!お楽しみとしておりますので、またご覧ください!

-野球コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

わがまま若者から、しっかりベテランへの変貌

皆さまこんばんは!Tadashiです!これまでプロ野球のチーム・もしくは選手を取り上げて記事を書いていますが、今回もその続きです! 今日も前回と同様、「スターへの道」と題して、特定の選手に焦点を当てて …

簡単には怯まない 鉄人の生き様

みなさまこんばんは!Tadashiです! プロ野球に関する様々なことを書いているブログです。 今回は、特定の選手に焦点を当ててお送りする、「スターへの道」シリーズになります。 そして今回ご紹介するのは …

不祥事乗り越え日本監督へ 耐え続けた野球人生

みなさんこんにちは!Tadashiです。 前回までは、12球団あるプロ野球チームを紹介していましたね!まずはパリーグの6球団を紹介いたしました! では今日からはセリーグのチームを紹介・・・の前に、少し …

絶望からのメジャーリーガー 志は今も日本にあり

みなさんこんにちは!Tadashiです!野球に関する様々なことを書いているブログです! 前回までは、12球団のプロ野球チームを紹介していましたが、そのシリーズは終了となりました。 そのため、今回は以前 …

なぜ野球をしたくないのか?なぜ「させる」のか?

みなさんこんばんは!Tadashiです。 このブログでは、プロ野球や高校野球のことについて、あるいは野球の技術面のことなど、幅広くお伝えしています。 前回は、「2つのリード」についてお伝えしました。 …

 

こんにちは!Tadashiです!

野球の経験はありませんが、何よりも野球が大好きな人間です。
小さな頃から25歳になった今でも、度々野球場に足を運んでいます!

野球を知らない人でも楽しんでもらえるような、様々な情報をお伝えできればと思います!

どうぞよろしくお願いします!