野球を知ろう!こんなにも奥深い野球の世界

野球のあれこれに関して、基本的なことから細かなことまで書いていきます!

野球

東京ヤクルトスワローズ 仲良し球団の構造とは

投稿日:2018年9月25日 更新日:

みなさまこんにちは!Tadashiです!

12回に渡ってプロ野球チームを紹介していますが、今回は8回目になります!

今回は、前回と同様東京を本拠地とする、東京ヤクルトスワローズ(以下、ヤクルトと略す)についてご紹介していきます!

どうしても巨人の方が強さ・そして知名度でも勝っているため、ファンが少ない球団と言われていましたが、ここ数年その点にも変化が現れています!

今回はその点についても触れながら、進めていきましょう!

 

東京ヤクルトスワローズ

チームの概要と歴史

ヤクルトは、東京にある神宮球場を本拠地とする球団です!神宮球場はプロ野球だけでなく、大学野球の聖地としても使用される球場です。

そのため、主に昼の時間帯は大学野球の試合や練習が多く行われていることから、ヤクルトはデーゲームの試合が少ないという特徴があります。

晴れた屋外の球場で試合を観たい方からすると、少し物足りなさを感じるかもしれませんね。

そしてヤクルトが持つ特徴として、「ファミリー球団」と呼ばれる点が大きな特徴となっています。

ファミリー球団とは、ヤクルトで活躍した選手が、そのままコーチあるいは監督として球団に残る割合が高いということです!

ファミリー感を打ち出すことによって、チームの一体感としては他球団よりも強いものがあるように映ります。とても良い方向性に見えますよね!

しかし、それは同時に諸刃の剣とも言えます。なぜかというと、「お友達内閣」と言われてしまうことがあるからです。

親しいがゆえに、厳しさや緊張感がなくなってしまうことなどが指摘されることがあります。実際そうなのかはわかりませんが、良くも悪くもチーム仲がいい球団であることは間違いありません!

 

不人気球団・・・からの脱却!

関東には沢山のプロ野球チームがあるため、ファンの数が分散するという現象がどうしてもあります。また、東京では巨人のファンが多いため、ヤクルトはファンが少ない状態でした。

しかし、2015年にセリーグ優勝を果たした年から、ファンの数が確実に増えていきました。
強くなれば球場に来るファンが増えるのは、普通の現象です。

ただ昨年はセリーグ断トツの最下位、おまけに球団としても最悪の96敗を喫したシーズンでしたが、毎試合のように球場は満員になりました。

96敗を喫した昨年からわずか1年、今年は現状2位でシーズンを過ごしています。

しばらくは苦しいシーズンとなるだろうという予測を見事に覆し、旋風を巻き起こしている背景には、ファンの声援が大きく影響しているのでしょう!

ヤクルトは、立派な「人気球団」へと進化を遂げました!

名選手・これからの選手

何と言っても、山田哲人選手でしょう!

2015年に、3割30本30盗塁(トリプルスリー)を達成!!トリプルスリーという言葉は、流行語大賞にも選ばれました。

余談ですが、個人的に流行語大賞に選ばれたことは疑問を持っています・・・笑 そこまで多くの方が使っていたイメージはありませんので笑

山田選手は、2015年と2016年に2年連続トリプルスリーを達成しました!しかし、2017年は苦労の1年となってしまいます。

やはりここまで活躍すると、相手投手も打者の内角に投げ込んできます。その影響からか、2016年には沢山の死球(ボールが体に当たること)を受けてしまいました。

そこから調子を崩し、2017年は本塁打こそ20本以上でしたが、打率が低くなりトリプルスリーからは程遠い成績に・・・

それでもその苦労を乗り越え、今シーズンは既に30本塁打と30盗塁は達成!現状打率も3割を超えており、3度目のトリプルスリーという偉業に向けて突き進んでいます!

 

忘れられない名試合

やはり2015年の優勝決定試合でしょう!結末も劇的なものだったので、忘れることはできません。

 

2015年10月2日 阪神タイガースVSヤクルトスワローズ @神宮球場

 

2001年以来14年ぶりの優勝を決めるべく、マジックを1として迎えた10月2日。当然、神宮球場は超満員でした。

試合は1-1のまま延長戦に入り、迎えた11回裏、満塁のチャンスを作ります。そこで迎えたのは、雄平選手でした。

投手としてプロ入りするも、なかなか芽が出ず、途中で野手へと転向した珍しい選手です。

その後もしばらくは苦労しましたが、2014年からついに才能が開花!この年も主力として活躍した選手です。

なんとしても本拠地で決めたい気持ちが溢れる中、2球目の球をフルスイング!

打球は1塁手の横をすり抜けて、優勝を決めるサヨナラタイムリーなりました!

この年から監督を務めた真中満監督は、新人監督で優勝という快挙を成し遂げ、大きな話題を呼びました!

昨年真中監督は退任されましたが、この試合が印象に残る試合であったことは、紛れもない事実だと言えますね。

 

 

次回は?

神奈川を本拠地とする、横浜DeNAベイスターズについてご紹介します!

長く苦しい暗黒時代を乗り越えて、着実に、そして少しずつ強くなっている球団です!まさに紹介する価値がある球団ですね!

それではまた次回もご覧ください!

 

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

東北楽天ゴールデンイーグルス 弱小球団からの優勝

みなさんこんばんは、Tadashiです!12回にわたってプロ野球のチームを紹介している最中ですが、今回は第2弾ということで、宮城県を本拠地にしている 東北楽天ゴールデンイーグルス (以下、東北楽天) …

千葉ロッテマリーンズ 千葉の黒い集団

みなさんこんばんは、Tadashiです!12球団のプロ野球チームを紹介しているところですね!今回は3球団目、千葉ロッテマリーンズ(以下、千葉ロッテ)についてご紹介いたします! 応援のスタイルが他球団と …

オリックス・バファローズ 優勝への長き道のり

みなさまこんにちは!tadashiです!12回に渡ってプロ野球チームを紹介していますが、今回はその5回目となります! 今回は、大阪および兵庫を本拠地とする、オリックス・バファローズ(以下、オリックス) …

プロ野球の森羅万象!

みなさまこんばんは!Tadashiと申します!今回からこのブログを書いていくことにしました^ ^ 今日から12回に分けて、12球団あるプロ野球チームそれぞれに焦点を当てて、ご紹介していきます。が!まず …

広島東洋カープ ついに迎えた黄金期!

みなさまこんにちは!Tadashiです! 12球団のプロ野球チームを紹介しているところですが、今回はその10回目となります。 今回ご紹介するのは、広島県を本拠地している、広島東洋カープ(以下、カープと …

 

こんにちは!Tadashiです!

野球の経験はありませんが、何よりも野球が大好きな人間です。
小さな頃から25歳になった今でも、度々野球場に足を運んでいます!

野球を知らない人でも楽しんでもらえるような、様々な情報をお伝えできればと思います!

どうぞよろしくお願いします!